愛犬の健康を守れるのはあなただけ|病気について知っておこう

レディとドッグ

ペットの健康を考えよう

犬

良い動物病院の特徴

飼い犬が病気になった場合は早急に動物病院に行くようにしましょう。病気のサインについては、例えば食欲がない状態が続いたり、ぐったりして寝ている状態が続くなどの症状が特徴といえます。良い動物病院の特徴として挙げられる事は、犬の健康状態を検査するためのCTやレントゲンなどの医療環境が整っている事が考えられます。犬は会話が出来ないために精密検査が大切となります。また、良い動物病院の特徴としては処方される薬の量が適切である事が多いです。動物病院の中には、病気とは関係のない健康グッズの購入を勧められるケースがありますが、治療と無関係な場合は断るようにしましょう。また獣医が犬の病気に対する知識が豊富な病院もお勧めできます。

ペットの健康を維持しよう

飼い犬が病気にならないためには食事の内容を健康的に保つことが大切です。具体的には獣医が勧めるドッグフードを中心に与えるようにしましょう。獣医が紹介するドッグフードは無添加の商品が多く、栄養バランスも犬のために研究して開発されています。また犬の肥満対策として散歩は定期的に行くようにしましょう。この場合、夏の猛暑の場合や冬で天候が悪い日に無理に散歩に連れて行くと、飼い犬は健康を害してしまうケースがあるために注意が必要となります。またペットの病気対策として目の色や皮膚の状態を定期的にチェックするようにしておくと良いでしょう。さらに緊急時の場合として、夜間でも開業している動物病院を知っておきましょう。

犬や猫の葬儀

骨壺

飼っていたペットの遺体は自治体では生ゴミとして処分します。最近は家族同様のペットを人間と同じように見送りたいとペット火葬をする人が増えています。これには合同火葬や個別火葬、立会個別火葬があります。火葬車は時間に余裕のない家族には便利なサービスです。

詳細を読む

ペットとの永遠の別れ

ペットの墓

たとえ愛情をかけていたペットにも命の終わりは訪れます。ペットとの別れというひとつの大きな節目において、気持ちの整理をして健やかに眠ってもらうためにも、ペット供養をすると良いでしょう。気持ちの整理ができると同時に、ペットの死を受け入れて前向きに暮らせるようになります。

詳細を読む

死ぬということ

花とドッグ

ペット葬儀とは、ペット専用の火葬のことで、人間同様の手順で行います。火葬をするときに、使っていた道具や好きだった餌を入れて火葬を行うことができるので思い出に残ります。骨になったペットを土に還して墓に埋めるのが流れです。

詳細を読む