愛犬の健康を守れるのはあなただけ|病気について知っておこう

犬と猫

犬や猫の葬儀

骨壺

ペットの遺体は自治体に依頼すれば清掃局が生ゴミとして処分します。しかし家族同様に暮らしてきたペットを生ゴミ扱いするのに抵抗のある人も多いのです。そのためペット火葬を依頼する人が最近増えています。ペット火葬は犬や猫だけでなく小鳥やうさぎ、フェレットなどの小動物にも対応しています。ペット火葬には様々な種類があります。一番料金の安いのは合同火葬で、ほかのペットとまとめで火葬を行います。この場合遺骨はまとめてペット用の墓地などに埋葬されます。一任個別火葬は個別で火葬をしますが家族は立ち会うことが出来ません。火葬後は骨壷に収められた遺骨が家族の元に届けられます。また希望によりペット霊園などに埋葬することもできます。

立会個別火葬は家族が火葬に立ち会うことができます。火葬後は骨上げもできるので人間の火葬とほとんど同じです。火葬前にお棺にペットの好きだったおもちゃや餌、花などを入れて別れを惜しむことができます。ペット火葬で最近人気なのが火葬車を利用することです。これは業者に連絡をすると火葬車が自宅や近所の空き地に来てくれます。火葬車は時間の余裕がない家族にとっては大変便利なサービスです。また煙やニオイもほとんどでないので近隣に影響を与えることもありません。しかしお棺の中に化学繊維などを入れると黒炎などが発生するのでペットの洋服などを入れる場合は注意が必要です。ペット葬儀を依頼する場合は最初に料金を確認しておいたほうが安心です。